読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

paraiso

0点の自分で甘えたい

never young beachについて

 

大好きな音楽、大好きなバンドについてやっとこぉして書けることが嬉しくかっ飛ばして3記事目へと突入している。

何時にスタバ入り(こんな言葉初めて使いますが)したか、記憶は定か。確かまだ太陽が燦々と顔を覗かせていたような。

 

 

 

続けて書きたいのは、

ネバヤンこと、never young beachのこと。

 

5人組のバンドで、西海岸のはっぴぃえんどってゆうキャッチーなことを言われてる。

 

彼らを知ったきっかけは、802。そうラジオから。

802の深夜番組でmidnight garageって番組があって。この番組はインディーズのバンドとかを取り上げてて、本当に宝庫なわけですよ。

 

ここで、YASHINOKI HOUSEの存在を知りすかさずitunesへ。(御用達)

それまでがっつり邦楽ロックってやつを聴いていた私にはこの緩さと心地よさが衝撃的で。

なんやこれは!?って思ったことを覚えている。

 

時はたち、famfamがリリース。

リード曲で、明るい未来、が先行で聴けたのでまたまたitunesへ。合わせてMVもチェックしましたよ。

明るい未来、ってワード小学生だって分かるほど簡単なのにとても深いわけです。

愛だの恋だの、駆け引きだのなんだの、そんなもん取っ払って、ただストレートに、でもどこか照れ臭くて。

ずっとこころがポカポカした状態で曲が終わります。

 

 

vo.の阿部くんがいつかのインタビューで、

家庭環境がものすごく複雑。なんて語っていて、

そしたら先日のa-studioで俳優の高橋一生さんの弟だってことが公になり、驚きましたよそれはそれは。

弟想いの高橋さんの言葉にも心うたれました。

幼いながらに経験した、家庭の複雑さ、兄からの愛、阿部くんだから書ける歌詞とメロディなんだろうなと納得です。

 

ネバヤンの楽曲は、

おじさま世代には懐かしく、ヤング世代には新しさがあって。

唯一無二の存在ですね。

ぜひ、私も結婚する際は、明るい未来、使わせて欲しいと妄想しております。(予定はございません)

 

ちなみに私がこのアルバムで好きなところ、

『明るい未来』、寒い夜でも君と2人でふざけたダンスを踊ろう、ってとこですね。

ふざけてダンスし合えるなんて何と理想的。

そして『自転車に乗って』、の中で、阿部くんが

よっ、まっちゃん!ってゆうとこですね。

もちろんそこも歌いますよ、わたしゃ。

 

 

気がはってるときに聴くと、心が少しゆるっとしてリラックス効果すらあるんじゃないかと思う。

 

ネバヤンにはそんな不思議なパワーがあって、それを自然と貰っている。

ネバヤンは私にとってずっとそんな存在であってほしい。